2016年8月8日月曜日

縁側と濡れ縁




最近「縁側がいいね」って話になり、頭に浮かんだ日本映画はやっぱり小津安二郎。
対する成瀬は、濡れ縁。

背筋の伸びた人々を描く小津と、俗っぽく卑近な人々を描いていた成瀬の作家性はこんなところにも表れてる気がして、もし自分がこまししゃくれた中学生ならこれを題材にした自由研究をやりたい。

縁側で思い浮かぶ近々の日本映画は、やっぱり『海街diary』
濡れ縁はあるか…。あった、『味園ユニバース』

小津と成瀬。
是枝裕和と山下敦弘。
うん、この見立てあながち間違いじゃないぞ。





2016年7月20日水曜日

オールタイムベスト100


そういえば、今現在四半世紀生きてることに気がついて、26歳になってしまう前に好きな映画のオールタイムベストでも出すかと思い、出してみました。


100本並べる作業は楽しいもので、選び、落とし、並べる段階でかなり満足してしまったので、生涯ベストワンの『リンダリンダリンダ』を除いて順位はとってつけたようなものです。

こいつらで私は出来ている!!



1.リンダリンダリンダ (05/日) 監督:山下敦弘
2.奇跡 (10/日) 監督:是枝裕和
3.ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (14/米) 監督:ジェームズ・ガン
4.グッドフェローズ(90/米)監督:マーティン・スコセッシ
5.ヒート(95/米)監督:マイケル・マン
6.この空の花 長岡花火物語(2012/日)監督:大林宣彦
7.愛のむきだし(09/日)監督:園子温
8.お引越し(93/日)監督:相米慎二
9.エレファント(03/米)監督:ガス・ヴァン・サント
10.ブルード/怒りのメタファー(79/カナダ) 監督:デヴッド・クローネンバーグ

11.時をかける少女(06/日)監督:細田守
12.その街のこども 劇場版(11/日)監督:井上剛
13.インサイド・ヘッド(15/米)監督:ピート・ドクター
14.桐島、部活やめるってよ(12/日)監督:吉田大八
15.かいじゅうたちのいるところ(10/米)監督:スパイク・ジョーンズ
16.M★A★S★H(70/米)監督:ロバート・アルトマン
17.ビッグ・フィッシュ(04/米)監督:ティム・バートン
18.ぼくの叔父さん(58/仏)監督:ジャック・タチ
19.バッド・チューニング(93/米)監督:リチャード・リンクレイター
20.復讐するは我にあり(79/日)監督:今村昌平

21.歩いても歩いても(07/日)監督:是枝裕和
22.CURE(97/日)監督:黒沢清
23.魔女の宅急便(89/日)監督:宮崎駿
24.パリ、テキサス(84/西独・仏)監督:ヴィム・ヴェンダース
25.秋刀魚の味(62/日)監督:小津安二郎
26.ライフ・アクアティック(05/米)監督:ウェス・アンダーソン
27.青春残酷物語(60/日)監督:大島渚
28.こわれゆく女(74/米)監督:ジョン・カサヴェテス
29.トイ・ストーリー(95/米)監督:ジョン・ラセター
30.ライブテープ(09/日)監督:松江哲明

31.スーパーバッド 童貞ウォーズ(07/米)監督:グレッグ・モットーラ
32.間宮兄弟(06/日)監督:森田芳光
33.ゴッドファーザーPartⅡ(74/米)監督:フランシス・フォード・コッポラ
34.櫻の園(90/日)監督:中原俊
35.6才のボクが、大人になるまで(14/米)監督:リチャード・リンクレイター
36.ファイト・クラブ(99/米)監督:デヴィッド・フィンチャー
37.カリフォルニア・ドールズ(82/米)監督:ロバート・アルドリッチ
38.秋立ちぬ(60/日)監督:成瀬巳喜男
39.アルファヴィル(65/仏)監督:ジャン・リュック・ゴダール
40.横道世之介(13/日)監督:沖田修一

41.イースタン・プロミス(07/英・カナダ・米)監督:デヴィッド・クローネンバーグ
42.ブルー・ベルベット(86/米)監督:デヴィッド・リンチ
43.X-MEN ファースト・ジェネレーション(11/米)監督:マシュー・ボーン
44.鬼畜大宴会(97/日)監督:熊切和嘉
45.レイチェルの結婚(09/米)監督:ジョナサン・デミ
46.レザボア・ドッグス(92/米)監督:クエンティン・タランティーノ
47.放浪記(62/日)監督:成瀬巳喜男
48.さらば冬のカモメ(73/米)監督:ハル・アシュビー
49.大人は判ってくれない(60/仏)監督:フランソワ・トリュフォー
50.天然コケッコー(07/日)監督:山下敦弘


51.ちはやふる 下の句(16/日)監督:小泉徳宏
52.アンナと過ごした四日間(09/ポーランド・仏)監督:イエジー・スコリモフスキ
53.コラテラル(04/米)監督:マイケル・マン
54.グレムリン2 新・種・誕・生(90/米)監督:ジョー・ダンテ
55.ドライヴ(11/米)監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
56.ぐるりのこと(08/日)監督:橋口亮輔
57.サウダーヂ(11/日)監督:富田克也
58.ローズマリーの赤ちゃん(69/米)監督:ロマン・ポランスキー
59.エクソシスト3(90/米)監督:ウィリアム・ピーター・ブラッディ
60.シャイニング(80/米)監督:スタンリー・キューブリック

61.華氏451(66/仏)監督:フランソワ・トリュフォー
62.ランゴ(11/米)監督:ゴア・ヴァービンスキー
63.ブレードランナー(82/米)監督:リドリー・スコット
64.劇場版 新世紀エヴァンゲリオン Air/まごころを君に(97/日)監督:庵野秀明
65.仁義なき戦い 代理戦争(73/日)監督:深作欣二
66.吠える犬は噛まない(00/韓)監督:ポン・ジュノ
67.ビフォア・サンライズ(95/米)監督:リチャード・リンクレイター
68.ギャラクシー・クエスト(99/米)監督:ディーン・パリソット
69.レスラー(08/米)監督:ダーレン・アロノフスキー
70.アイアンマン(07/米)監督:ジョン・ファブロー

71.GONIN(95/日)監督:石井隆
72.第三の男(49/英)監督:キャロル・リード
73.ロシュフォールの恋人たち(67/仏)監督:ジャック・ドゥミ
74.アダムス・ファミリー(91/米)監督:バリー・ソネンフェルド
75.にっぽん昆虫記(63/日)監督:今村昌平
76.の・ようなもの(81/日)監督:森田芳光
77.グラン・トリノ(08/米)監督:クリント・イーストウッド
78.E.T(83/米)監督:スティーヴン・スピルバーグ
79.キル・ビル(03/米)監督:クエンティン・タランティーノ
80.燃えよドラゴン(73/米)監督:ブルース・リー、ロバート・クローズ

81.西鶴一代女(52/日)監督:溝口健二
82.ヱヴァンゲリオン 新劇場版:破(09/日)監督:庵野秀明
83.あの頃ペニー・レインと(00/米)監督:キャメロン・クロウ
84.バトル・ロワイアル(00/日)監督:深作欣二
85.インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌(14/米)監督:コーエン兄弟
86.バットマン・リターンズ(92/米)監督:ティム・バートン
87.小さな恋のメロディ(71/英)監督:ワリス・フセイン
88.スター・ウォーズ 帝国の逆襲(80/米)監督:アーヴィン・カーシュナー
89.汚れた血(88/仏)監督:レオス・カラックス
90.世界にひとつのプレイブック(12/米)監督:デヴィッド・O・ラッセル

91.バック・トゥ・ザ・フューチャー(85/米)監督:ロバート・ゼメキス
92.ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(07/米)監督:ポール・トーマス・アンダーソン
93.オーディション(99/日)監督:三池崇史
94.杏っ子(58)監督:成瀬巳喜男
95.塔の上のラプンツェル(10/米)監督: バイロン・ハワード、 ネイサン・グレノ
96.パーフェクト・ブルー(98/日)監督:今敏
97.キャリー(76/米)監督:ブライアン・デ・パルマ
98.マッドマックス 怒りのデス・ロード(15/米)監督:ジョージ・ミラー
99.北北西に進路を取れ(59/米)監督:アルフレッド・ヒッチコック
100.フラッシュ・バックメモリーズ3D(13/日)監督:松江哲明



並べると結構発見があって、特別好きな監督は意識して2本までに絞ったけども、無意識にリチャード・リンクレイターが3本も入っていたこと。発見。好きだったんだ。
あと、好きだと思っていた『かいじゅうたちのいるところ』がぐいぐい順位を伸ばしかなりの美味しい位置にいること。好きだったんだ。






2016年3月19日土曜日

マジカル・ガール


Magical Girl
2014/西 上映時間127分
監督・脚本:カルロス・ベルムト
撮影:サンティアゴ・ラカハ
編集:エンマ・トゥセル

キャスト:バルバラ・レニー
ルシア・ポシャン
ホセ・サクリスタン
ルイス・ベルメホ
イスラエル・エレハルデ 他

85点








”ファムファタールは魔法少女”





ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞。
都内では二館のみの公開規模で、平日の昼間からかなりの客入り。


悪意満載ドス黒暗黒で大変素晴らしい。
脚本が肝の映画なので、以下ネタバレ注意!!


2016年3月12日土曜日

マネー・ショート 華麗なる大逆転


The Big Short
2015/米 上映時間130分
監督:アダム・マッケイ
脚本:チャールズ・ランドルフ
アダム・マッケイ
製作:ブラッド・ピット
デデ・ガードナー 他
製作総指揮:ルイズ・ロズナー=マイヤー
ケビン・メシック
撮影:バリー・アクロイド
編集:ハンク・コーウィン
原作:マイケル・ルイス

キャスト:クリスチャン・ベール
スティーブ・カレル 他

85点




"見たいものしか見えない"





たまにワールド・ビジネス・サテライトをぼんやり観ているからきっと大丈夫だろうと思い観に行くと、やっぱり台詞のほとんどが理解できませんでした。

でもそれが狙いなのかも。
つまり、冒頭のマーク・トゥエインの引用が物語っています。

”やっかいなのは、何も知らないことではない。実際は知らないのに、知っていると思い込んでいることだ。”


2016年3月5日土曜日

キャロル


Carol
2015/米 上映時間118分
監督:トッド・ヘインズ
脚本:フィリス・ナジー
製作:エリザベス・カールセン
スティーブン・ウーリー 他
製作総指揮:テッサ・ロス
ドロシー・バーウィン 他
撮影:エド・ラックマン
美術:ジュディ・ベッカー
原作:パトリシア・ハイスミス

キャスト:ケイト・ブランシェット
ルーニー・マーラ 他

96点




”欲望の正体”





一回目を観た直後、なんとも居心地の悪い気持ちになり、その次の回で続けて鑑賞。
てっきり、美しい人が織りなす美しい愛の物語だと思っていたところ、そんな安全圏からの落ち着いた鑑賞を拒否させる、人間臭く、とても身近な物語でした。


2016年2月20日土曜日

オデッセイ(3D/字幕2D)


The Martian
2015/米 上映時間142分
監督:リドリー・スコット
脚本:ドリュー・ゴダード
製作:サイモン・キンバーグ
リドリー・スコット
撮影:ダリウス・ウォルスキー
編集:ピエトロ・スカリア
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
原作:アンディー・ウィアー「火星の人」

キャスト:マット・デイモン
ジェシカ・チャステイン
クリステン・ウィグ
ジェフ・ダニエルズ 他

90点



”知識とユーモアが命を救う”



SF映画で、サバイバルものだし、ある程度の面白さは担保されてるだろうと軽い気持ちで観に行ったら、これがとても面白くて驚き。

数日後に再見し、これは傑作だと確信。

絶体絶命のピンチ。
そんな時命をつなぐものは、知恵と知識、ユーモアと音楽。

カラッと楽しめる娯楽作のようでいて、見渡せばそこに大きな人間讃歌が響いていた。
一昨年、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を初めて観た時と同じ種類の感動を味わえました。つまり、最高、最高。

私この映画相当好きです。



2016年2月14日日曜日

銀河の守り方




銀河の守り方教えます。


まずお好みでミックス・テープを用意しましょう。
カセットテープが肝心。
MP3なんてもってのほか。

曲は好きなものを選んでください。
出来れば踊れる曲がいいですね。
今だったらディアンジェロとか?
70年代のディスコソングなんていいかも。
ABBAなんていかが??






ミックステープが完成したら、次はウォークマンを用意してください。
再生出来ればなんだっていいですが、初代ウォークマンなんて最高。

しかもロゴがしっかり入ってる後期タイプだったら文句なし。









あとは、ピンチの時に、あなたが用意したとっておきの曲で踊りましょう。

踊りを止めてはいけません。
踊り続けて。

そうすればあなたも、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー。


(ヤフオクにも初代ウォークマンは結構あるんですよ。ただ劇中で使われていたものはその後期タイプ。本当に探すのに苦労した!!)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...